« 原田泰治美術館と万治の石仏 | トップページ | スピット祭り エァーⅨとレベルⅡその10 »

興福寺 お堂でみる 阿修羅像

Img_1469 奈良興福寺で

開かれている

阿修羅像を

Img_7797_2 拝観に行き

ました 今回は

仮金堂に八部衆像

と一緒に釈迦如来像の前に

並んでいます ケースに入ってなく

凛とした姿が印象的です。

Img_7800 次に何時もは

公開されてない

北円堂と二つ

Img_1477 セットになって

います 平日なの

に奈良公園は

沢山の人出でした

無著、世親菩薩立像

は運慶の代表作

Img_1481 だそうです。

迫力があります

興福寺は何度も

火災にあって

います その再建の

の中心が中金堂です

Img_1483 基壇もできて天平の

甍がまた蘇ります

左は南大門跡の

発掘調査現場です 説明会は無い

のが残念です。

|

« 原田泰治美術館と万治の石仏 | トップページ | スピット祭り エァーⅨとレベルⅡその10 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

興福寺は一時、よく行っていました。板彫十二神将が4枚づつ展示されるのを見に行っていたのです。さすが、藤原家のお寺だけあって素晴らしい宝物です。当時、権力が集中していたとは言え、本当にレベルが高いのに、何時見ても驚かされます。山のぼりや、星座を見に行ったリ、発掘現場を見にいかれたり・・・実にフットワークが旺盛ですねえ。私は車の運転ができないので羨ましいです。

投稿: 山口ももり | 2009年10月23日 (金) 08時14分

ももりさん こんばんわ 興福寺の
国宝館は来年3月1日より新しく
生まれ変わるそうです その為か
どうか判りませんが 本来お堂に
あったのと同じ様に展示されたのは
良かったと思います ガラスケースに
入っているのとでは 趣が違うと
はずです。

投稿: あきみず | 2009年10月23日 (金) 20時11分

 やはり仏像は本来の居座で拝観するのが一番な気がします。
 そう言う意味では以前は国宝館にあったと記憶する阿修羅像が仮金堂に安置されているというのは本来の場所に近いのでしょうか

投稿: 秋ぎつね | 2009年10月25日 (日) 17時19分

秋ぎつねさん コメントありがとう
ございます 国宝館のガラスケースに
あるよりは 本来あった場所に近い
環境で拝観できたと思います 
気温、湿度,ほこり等にさらされて
長期には無理だと思いますが
良い企画でした。

投稿: あきみず | 2009年10月26日 (月) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/31901725

この記事へのトラックバック一覧です: 興福寺 お堂でみる 阿修羅像:

« 原田泰治美術館と万治の石仏 | トップページ | スピット祭り エァーⅨとレベルⅡその10 »