« 小松基地航空祭 2009 その2 | トップページ | コルセアきゃんぺーん その15 »

小松基航空祭 2009 その3

Img_1612 F15以外にも

U-125A

救難捜索機

Img_1557 と救難ヘリの

訓練の模様も

紹介されました

Img_1621 UH-60J救難

ヘリです

Img_1723 E-4EJファントム

戦闘機が機動飛行

から戻ってきました

Img_1732 前輪からアームを

牽引車に繋いで

います Me262を

Img_1747 思い出します

同じRF-4E偵察機

も基地に戻る為に

点検に入って

います 

安全に運用する

Img_1769 欠かせない

基本作業です

車輪止めは

必ず付けて置かないといけません。

駐車ブレーキが効かないのです。

|

« 小松基地航空祭 2009 その2 | トップページ | コルセアきゃんぺーん その15 »

「飛行機」カテゴリの記事

コメント

あっ、このトーイングトラクタの画像いいですね。
いろいろとネットサーフしてても見ないですね、この車両の画像って。
どこかキット出してくれないものだろうか…

投稿: 躍人 | 2009年11月 4日 (水) 22時31分

いいですね~、目の前に実機があるという
シチュエーション。

さぞ楽しまれたものと思います(羨)

投稿: ハヤテ | 2009年11月 4日 (水) 22時46分

おおお、行かれたのですね。私は浜松で見て以来行ってません。駐屯地祭りも行ってないし(汗)ファントムはかっこいいなあ。

投稿: 腹ペコ | 2009年11月 4日 (水) 23時15分

わたしもファントムがいいなぁ♪
こういうイベントのレポートはわくわくします。

子供の頃よくF-104が飛んでいるのを見ましたが
最近軍用機を見てないです。

投稿: シロイルカ | 2009年11月 4日 (水) 23時48分

お・お・お・・・我が家の相棒も見に行ったのはこのショーだとおもいます。京都駅からバスが4台も出たんですって。ブルガリア、ルーマニアから帰ってきました。たった8日間で、しかも旧共産圏、高速道路もなくトイレも少なくいつも行列で、効率の悪い旅でしたが、それも含めてかの国々を味わってきました。

投稿: 山口ももり | 2009年11月 5日 (木) 08時52分

躍人さん コメントありがとうございます
ジオラマやフィギアを作るようになり
車両や整備員の動きに目がいくように
なりました これも一つ進歩した事に
なりますか。

ハヤテさん コメントありがとうございます
久しぶりの航空祭でした 何もかも珍しく
写真を撮りまくりましたが エプロンの前は
人垣で前列まで出れなくて後ろから見た
だけでした。

腹ペコさん コメントありがとうございます
博物館で見るのと、動体展示では違いますね
爆音も腹に響く凄さで 今度は晴の日に
行きたいです。

シロイルカさん コメントありがとう
ございます ファントムはよく働いて
いると思います 馴染みのあるスタイル
で愛着がありますね こんなふうに
見ると作りたくなるのですが がまん

ももりさん コメントありがとうございます
お帰りなさい 精力的にスケッチも
されて 楽しんでこられたと思います
未知の国ですのでスケッチも含めて
楽しみにしています

投稿: あきみず | 2009年11月 5日 (木) 20時56分

 飛んでいる所よりも近くで見た機体は、重厚感と存在感があります。こんな近くで見られるのは航空祭ならではなのでしょうね。
 ファントムは懐かしい気さえする機体ですが現役なのですね、往時を思い出します。

投稿: 秋ぎつね | 2009年11月 8日 (日) 09時45分

秋ぎつねさん コメントありがとう
ございます 生きている飛行機は
博物館で見るより迫力があります
久しぶりにじかに見る機会でした
ので夢中で写真も撮りまくりました
いずれプラモの資料になればいいです
 

投稿: あきみず | 2009年11月 8日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/32072194

この記事へのトラックバック一覧です: 小松基航空祭 2009 その3:

« 小松基地航空祭 2009 その2 | トップページ | コルセアきゃんぺーん その15 »