« 夜間戦闘機コン Bf110 G-4 その1 | トップページ | Oョウシン プラモデルコンテスト 2009 »

奈良櫻井 纏向遺跡現地説明会

Img_7884 今新聞を賑わして

います 卑弥呼の

王宮ではないかと

Img_7885 いわれる纏向遺跡

に朝早く出かけました

今回は建物CとDの

Img_1884 柱穴が見つかりました

前回3月22日に書き

込みました 建物B

Img_1888 と東西の軸線が

同一上にきています

建物Dは南北19.2m

Img_1891_2 東西12.4mと3世紀

中頃までの建物遺構

としては国内最大の

規模をなすものなりました。この場所が

纏向遺跡の中心的な人物がいた居館域

と考えられます。 柱穴の柱は全て抜き

取られて他に転用されたようで、何も

残っていませんでした。

Img_1901_2 帰り道慶田寺

に織田有楽の

お墓があると

いうので廻って

みました 信長の

弟で秀吉の御伽衆

をつとめて銀座有楽町の元になった

方のお墓がどうしてここにあるのでしょう。

|

« 夜間戦闘機コン Bf110 G-4 その1 | トップページ | Oョウシン プラモデルコンテスト 2009 »

現地説明会」カテゴリの記事

コメント

話題の遺跡見学レポー映像がブログで確認できるのが楽しいです

投稿: | 2009年11月15日 (日) 23時26分

お・お・お・・・やっぱり行かれましたね。フットワークが実にいいなあ。酒徒さんがサトイモ堀をしてたら、やたら人が多い。箸墓古墳の見学会って書いてらッしゃいました。この巻向遺跡は場所が離れていますか。卑弥呼のイメージは浮かびましたか

投稿: 山口ももり | 2009年11月16日 (月) 16時59分

ももりさん コメントありがとうございます
卑弥呼の王宮ではないかと言われれば
行かないわけにはいきません。3月に
この西側の現説もありましたので、
それに関連する建物ですが 規模が
大きいものです。今日OHKクローズアップ
現代に取り上げられていました
現地のイメージでは卑弥呼までは浮かば
なかったです  箸墓古墳は歩いて15分
程の所にあります JRの電車が止まると
大勢の方が降りてこられます。

投稿: あきみず | 2009年11月16日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/32226755

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良櫻井 纏向遺跡現地説明会:

« 夜間戦闘機コン Bf110 G-4 その1 | トップページ | Oョウシン プラモデルコンテスト 2009 »