« 夜間戦闘機コン Bf110 G-4 その2 | トップページ | ちょっと休憩 1/100 隼 その2 »

奈良高市郡高取町薩摩遺跡 現地説明会

Img_7994 古代の灌漑用

ため池から水を

通す木樋(もくひ)

Img_7960 が見つかりました

現説と聞いて

じっとしてる訳には

Img_7961 行きません 

丸太を幅20深さ

20cmにくり抜いて

Img_7971 天面に蓋をして

隙間に杉の皮を

詰めてあった

Img_7974 そうです 水は

生活、農耕に

欠かせない貴重

Img_7976 なもので、その

維持に当時の

技術を集めて

Img_7966_2 作られたもの

でした 池の底

から見つかった

Img_7965 奈良、平安時代の

土器と木簡です

波多里長檜前

Img_7967(はたのりちょう

ひのくま) 村主

(すぐり)が池を

作った と記されて

います

Img_7969 ここも道路の

建設で見つかった

ようで そこまで

せまってきています。

|

« 夜間戦闘機コン Bf110 G-4 その2 | トップページ | ちょっと休憩 1/100 隼 その2 »

現地説明会」カテゴリの記事

コメント

いやあああ・・・実にフットワークがいいなあ。先日、山の辺の道歩いてきました。箸墓とか・・・もう一度ゆっくり行きたいなあって思っています。今、阿川弘之「雲の墓標」を呼んでいます。京大から学徒出陣で召集され海軍の飛行機乗りに。しっかりした健康な知性が捕らえた、日本のあり方、命の執着に悩み、いわれない暴力を憎む、、、淡い初恋・・・切ないですけれど、読まねばいけない本と云う感じです。古本屋で偶然買ったんですけど。、

投稿: 山口ももり | 2009年11月30日 (月) 09時15分

山の辺の道を歩かれたのですか 高低差が
ないので歩きやすく四季の移り変わりが
楽しめるよいところです 20代から
歩いてますが風景が変わりません
現地説明会があるとじっとしておれない
ので出かけます 阿川さんの本ですが
探してみます こうして紹介してもらえると
嬉しいです。

投稿: あきみず | 2009年11月30日 (月) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/32407089

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良高市郡高取町薩摩遺跡 現地説明会:

« 夜間戦闘機コン Bf110 G-4 その2 | トップページ | ちょっと休憩 1/100 隼 その2 »