« 広瀬遺跡発掘現地説明会  | トップページ | 楠木正成、正行 続きを少し »

楠木正成 正行 桜井の別れ

島本町の広瀬遺跡現地説明会で

この地には承久の乱のあと115年後

♪青葉繁れる桜井の 里のわたりの夕まぐれ♪

で知られる 桜井の駅跡があると教えてもらいました。

Img_8215 JR島本駅の横に顕彰碑が

立っています

1336年 足利尊氏の

Img_8206 大軍を湊川に迎え撃つ

べく出陣する時に 息子

正行と今生の別れを

Img_8217 した所です 乃木希典

の書で明治政府の

天皇崇拝の権威を

持たせようと したので

しょうか 

Img_8216 昭和に入っても

楠木氏を讃える

ように 仕組まれた

Img_8211

ように 思えて

なりません

こちらは東郷

平八郎の書です

Img_8210 桜井の別れは

知っていましたが

奈良の桜井かな?

Img_8220 くらいの知識でした

1347年 正行は

四条畷の戦いに

臨みました。

何気ない思いで

出かけたところに 大きな発見が

ありました。

|

« 広瀬遺跡発掘現地説明会  | トップページ | 楠木正成、正行 続きを少し »

現地説明会」カテゴリの記事

コメント

楠正成と湊川・・
碑文の意味とは全く違うと思いますが
特攻神雷部隊の野中少佐の「湊川だよ。」のセリフとダブりました。

投稿: シミヤン | 2010年1月27日 (水) 02時06分

楠正成、乃木希典、東郷平八郎。
すごいコラボレーションですね!。
楠正成って、トーキョータワーと霞ヶ関ビル
金色のオミヤゲしかイメージが、、、。w

投稿: apuro | 2010年1月27日 (水) 18時52分

シミヤンさん
コメントありがとうございます
そうです戦時中は楠木氏に因んだ
事柄が多くでてきます
靖国で逢うも当時の言葉でした

apurpさん
コメントありがとうございます
皇居前に銅像がありますね
やはり尊王の鏡なのでしょう
それだけ時の政府に上手く
つかわれた思いがします。

投稿: あきみず | 2010年1月27日 (水) 19時51分

 七生報国、ですね。見事な生き様だったと思います。「河内の悪党」とも呼ばれていたそうですが、当時、「悪」の意味は「強い」ニュアンスが濃厚だったそうで、在野の傑物くらいの呼ばれ方だったと聞いたことがあります。
 皇居前の銅像は何度か見に行きました。

投稿: 秋ぎつね | 2010年1月31日 (日) 22時15分

秋ぎつねさん
コメントありがとうございます
金剛山や歓心寺、千早赤坂城の攻防
など近くに旧跡が有りましたが
桜井駅は知りませんでした
新田次郎著 新田義貞も読みました

投稿: あきみず | 2010年1月31日 (日) 22時55分

へ・え・え・・・その歌はオボロゲながら歌えます。国威発揚の政治的意図もあったんでしょうか???

投稿: 山口ももり | 2010年2月 2日 (火) 11時27分

ももりさん コメントありがとうございます
私も でだしだけは知っていました
明治の将官がここに自筆の書を 書き上げた
のは それなりの意図があったと思います。

投稿: あきみず | 2010年2月 2日 (火) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/33136661

この記事へのトラックバック一覧です: 楠木正成 正行 桜井の別れ:

« 広瀬遺跡発掘現地説明会  | トップページ | 楠木正成、正行 続きを少し »