« 対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その2 | トップページ | 高知県馬路村に行ってきました »

新田次郎さんを読み直してます

昔 新田次郎氏を読みまくりました 電車で通勤

していたので時間は十分ありましたが 乗り過ごした

ことも何回もあります  新田次郎と言えば山岳小説

が基本ですが それ以外に歴史小説もだいすきです

今回はこの二点で カナダとアラスカが舞台です

Img_8474

時代は明治 日露戦争を挟んでの頃です

当時海外で差別に苦しみながら自分の進む

道を真直ぐに生き抜いた物語です

もうすっかり中身は忘れて新鮮な思いで

読み返しています。

|

« 対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その2 | トップページ | 高知県馬路村に行ってきました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 新田次郎氏の小説は山岳小説中心に大分読みましたがこれは読んでいませんでした
 今度読んでみたいです

投稿: 秋ぎつね | 2010年3月 5日 (金) 22時05分

嬉しいですね。今、丁度、アラスカや北太平洋探検の歴史とかに興味が向いています。「菜の花の沖」のせいで。この本は必見ですね。探しましょう。いつも本当にありがとうございます。

投稿: 山口ももり | 2010年3月 7日 (日) 17時04分

最近、本読んでないなぁ、、。
文庫本ね、文字サイズ大きくなって、情報量低下
ほんでもってお値段アップ。
まぁ、SF専門なんだけどね。  私。w

投稿: apuro | 2010年3月 7日 (日) 18時19分

実は最初に読んだのがアラスカ物語で、山をやるようになってから新田次郎は読みまくりました。フランク安田でしたっけ?また読み返してみようかなと思いました。追伸:ジョー●ん申し込みしてきましたよ。土曜日に搬入予定です。

投稿: 腹ペコ山男 | 2010年3月 7日 (日) 22時59分

秋ぎつねさん
コメントありがとうございます
この前物置を整理した時にブリキの
長持ちの中に本がどっさり入っているのを
見つけました 司馬さんと新田さんばっかり
文庫本が入ってました 今の感覚で読むと
また違ったものになるかと読み返しました。

ももりさん
コメントありがとうございます
若い時に同じユースのグループの人に
新田氏の 孤高の人 を紹介してもらい
それからファンになりました
武田信玄、勝頼 新田義貞 の歴史上の
人物も読み応えがあります。

apuroさん
コメントありがとうございます
今は家では読む時間がありませんので
会社の休み時間に読んでます
もっと読みたいのにいつも切ってます

腹ペコ山男さん
コメントありがとうございます
ジョー●んには金曜の夜に持ち込む
つもりです 日曜の発表にお逢いしましょう
新田氏の入り方に違いがありますが
とりこになるのは同じですね。

投稿: あきみず | 2010年3月 8日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/33634378

この記事へのトラックバック一覧です: 新田次郎さんを読み直してます:

« 対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その2 | トップページ | 高知県馬路村に行ってきました »