« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

プラッツ 144 P47 サンダーボルト その2

プラッツのサンダーボルトにモーターを

内臓して士の字になりました 小さいキット

ですが、ピッタリ合わさってストレス無しに

組みあがります。

Img_8635

D型のバルブキャノピーですので 銀色です

キット指定の塗装にするか 手書きは出来ない

ので デカールを使ってそれしかないようです。

Img_8636

資料を探しましたが、気に入ったのは

ありません 一番派手なイーグルストン少佐機

黄色のドクロマークが派手です もう一機は

ヒューバート・ゼムケ大佐です

Img_8639

銀はタミヤのスプレー缶を使って吹いてます

エナメルの黒をパネルラインに流して メリハリを

つけるべくやっています。 後はどんな空中姿勢

にするか まだ構想が決っていません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プラッツ 144 P47 サンダーボルト その1

対空兵器コンのヴィルベルヴィントに

敵対する攻撃機として プラッツの

1/144 P47 を配置したいと作り始め

ました 本当はタイフーンかテンペスト

がよかったのですが 手に入りませんでした。 

1/144 も今回初挑戦のキットで ジオラマから

するとこれくらいのスケールがいいのかなと

考えました。

Img_8630

プラッツのキットもはじめて手がけるもので

小さいながらも キッチリとした部品構成です

空中姿勢ですのでペラを、実物どうりに

廻すか、スピナーだけにするか悩みましたが

Img_8629

童友社のマイクロモーターセットを買いました

モーター直径6mmですので胴体の中には

収まりますが、エンジン部と胴体前は

大きく削らないと入りません 左の黒い

のは付いていたエンジン部品です

Img_8634

モーターシャフトは0.8mmなので 外形1.2

内径0.8の真鍮パイプを挿して延長しましたが

ペラとの接合はまだ未定です。

モーターの内臓はこれで終わりです

脚カバーは閉位置にしないとあきません

三分割された部品しかありませんので

あわせながら貼り付けます隙間はパテで

裏から塗り出します 。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

長谷川等伯展

京都国立博物館で開かれている

長谷川等伯没後400年特別展に行ってきました

11時45分に着きましたが 入場にもう110分待ち

になっていました これでは昼抜きになってしまうので

係りのお兄さんに聞くと16時くらいで すくと教えてもらい

7条から4条河原町まで食事処を探して歩きましたが

予約していないと 入れないところばかりでした

錦市場を出たと事で食事をして 三条大橋を渡り

祇園をめぐり ました そこで見つけた

Img_8622

崇徳天皇の遺髪を納めた御廟が在りました

落語にも崇徳院の噺があります

瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ

Img_8623

美しいごりょうさんが落とされた袱紗を拾った

若旦那が その娘さんからこの歌の上の句をもらって

床についてしまい 出入りの熊五郎が 瀬を早み

と叫び続けてその娘さんを探す話です

そんなこんなしながら7条まで歩いて戻りました

15時50分でしたが 待ち時間は70分でした

Img_8626

ここから入場まで1時間寒かったです

が 展示の内容は若い頃からの緻密な

仏画から晩年の墨絵まで、波乱の生涯が

よく判りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その6

しばらくぶりの更新になりました 何もなかった

のですが、充電の時間にしました。 さて

エッシー72のヴィルベルヴィントにも

掛かっていました もう一つハセガワの

72 Ⅳ号戦車も参考に一緒に作っています

Img_8614

手前がエッシー、奥がハセガワのキットです

どちらも同じ様な部品割で、問題ないですが

キャタピラはハセのほうが柔らかくてピッタリ

Img_8618

嵌りました。塗装ですがまるで判らないので

AM のⅣ号特集記事を参考にそれらしく

塗りましたが筆塗りではボカシが決りません

Img_8619

一応車体がほぼ出来ましたので、どのような

レイアウトにしようか考えてみます それと

対戦闘機にもかかっていきたいです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タミヤ32 零戦52型をリフォームします

テムズ川の遊歩道にこんなモニュメントが

ありました 2001年1月にインペリアル

ウォーミュージアムを訪れた時に見つけました

Img_2312

臨場感が伝わってきます

ここからテムズ川を渡り歩いて20分ほどの

所に ミュージアムがあります

Img_2318

ここに置かれている零戦に逢いにやって

きました.

Img_2342

操縦席と主翼の主脚までが、展示されています

Img_2386

普段見れない操縦席を後ろから見れて、主脚

の引き込み機構など、零戦の技術が身近に

感じたものです 

Img_8602

デカールがないので全部手書きでいくしかない

からまず白から場所取りをしていきます

Img_8605

後は暗緑色で少しずつ乗せていきます 範囲が

広いので大変です かなりハゲチョロの機体でした

のでそんなにキッチリと塗らなくてもいいかな?。

Img_8608

ラウンデルはマルボロマンさんから教えて

いただいた、サークルカッターでケガいて

それに沿って手書きで書きましたが、

烏口コンパスも動員して真円にするべく

頑張ります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

おおさか桜めぐり

やっと雨も上がり桜の見ごろになりました

今日は会社の特殊鋼協会主催の

ボーリング大会が桜橋であり 見事

我がAチームが団体5位に入賞しました

Img_2035

一チーム4名のトータルで2ゲーム合計です

彼は一ゲーム目に235を出したのですが

まだ上には上がありました。

桜橋から中之島を抜けて桜ノ宮まで

そして大阪城に向うコースを歩きます

Img_2048

まず大江橋です 水の都といわれるだけの

事があります 大阪の橋は はしとは言いません

みんな ばしと言うのです。

Img_2050

中之島図書館横の桜は満開で 建物に

映えて皆さん感嘆して見とれていました。

Img_2062

Img_2067

桜ノ宮は昔からの名所で大川からの船での

観桜 夜桜と 屋台の店も出てにぎやか

なところです 落語にも百年目という演目があります

Img_2055

Img_2056

ここから大川を渉り大阪城に

向かいます 北から向うことはあまりありません

から、周りがきれいに整備されて驚きました

Img_2069

手前のレンガ造りの建物は大阪砲兵工廠の

跡です 千成瓢箪にちなんだ外灯がユニーク

Img_2072

37,8年前はまだ鉄骨スレートの建物跡が

広い範囲に残っていました

Img_2073

大阪城の周りも高層のビルが いっぱい

取り囲んでいます JMCの開かれる

城見ホールも城ホールもここにあります

Img_2154

この山里曲輪で豊臣秀頼と淀殿 他家来衆が

自刃されたといわれています

このあと思わぬ方に遭遇しました

まずはこれをどーぞ

Img_2083 Img_2111 Img_2107

高橋尚子さんでした 当時この大阪城の

周りでランニングの練習をしていたそうで

インタビューを受けながらの撮影でした

こんな場所に遭遇できて、ラッキーでした

桜も見ごろの良い天気でよい一日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »