« 対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その6 | トップページ | プラッツ 144 P47 サンダーボルト その1 »

長谷川等伯展

京都国立博物館で開かれている

長谷川等伯没後400年特別展に行ってきました

11時45分に着きましたが 入場にもう110分待ち

になっていました これでは昼抜きになってしまうので

係りのお兄さんに聞くと16時くらいで すくと教えてもらい

7条から4条河原町まで食事処を探して歩きましたが

予約していないと 入れないところばかりでした

錦市場を出たと事で食事をして 三条大橋を渡り

祇園をめぐり ました そこで見つけた

Img_8622

崇徳天皇の遺髪を納めた御廟が在りました

落語にも崇徳院の噺があります

瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ

Img_8623

美しいごりょうさんが落とされた袱紗を拾った

若旦那が その娘さんからこの歌の上の句をもらって

床についてしまい 出入りの熊五郎が 瀬を早み

と叫び続けてその娘さんを探す話です

そんなこんなしながら7条まで歩いて戻りました

15時50分でしたが 待ち時間は70分でした

Img_8626

ここから入場まで1時間寒かったです

が 展示の内容は若い頃からの緻密な

仏画から晩年の墨絵まで、波乱の生涯が

よく判りました。

|

« 対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その6 | トップページ | プラッツ 144 P47 サンダーボルト その1 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

お・お・お・・・こんなに行列して待つんですか。切符は持ってるんですけど・・・なかなかおいしい食べ物屋さんを探すってむつかしいですねえ。お高いのはいやですし・・・
 
崇徳天皇は、たしか・・・早良親王だったか・・・調べてなくてすみません。護良親王だったか???との政争に敗れて島流しになったのではなかったかしら。京都では、天皇の恨みで天変地異があいつぎ、流行病も流行し、その怨念を和らげるために北野の天満宮なんかでも、菅原道真以外にも祭っていたような・・・記憶違いならお許しください。又いつか、北野神社で調べてきます。

投稿: 山口ももり | 2010年4月27日 (火) 09時53分

ももりさん
コメントありがとうございます
等伯展9日までですからGWにかかる前に
行かないと大変な事になります 夕方
18時くらいになるとだいぶんすいてくると
思います おばんざいのバイキングも
ありました食べた後でしたが。

投稿: あきみず | 2010年4月27日 (火) 19時32分

今日、行ってきました。9時半開館っていうから、さ・あ・あ・・・自転車でいったんですけど、9時40分くらいには博物館に着いたでしょうけれど、それでも100分待ち時間でした。おかげで、持っていた文庫本が1/3ほど読めました。見終わって、「二科展」に美術館に回り、帰り友達のグループ展も見て、紙屋へも周り、帰宅は4時。疲れちゃった。でも、一変に全部済んだし、それぞれ面白い良い展覧会でした。

投稿: 山口ももり | 2010年4月28日 (水) 17時27分

ももりさん
コメントありがとうございます
そうです皆さん本やら退屈しないように
何か持っていかれてるようです それにしても
凄い行動力に敬意を表します そういう時は
同じ様に行動すると思います

投稿: あきみず | 2010年4月28日 (水) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/34371213

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川等伯展:

« 対空兵器コンⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント その6 | トップページ | プラッツ 144 P47 サンダーボルト その1 »