夜間戦闘機コン 番外編

夜間戦闘機の双璧にあがる ハインケルウーフーとBf110

最初から夜戦として設計された機体との対比と言う事で

Img_1974

1998年製作のタミヤのウーフーを出してきました

さすがにまだ塗装が幼いようで 違いが歴然と

しています 

Img_1971

ウーフーの先進性が伺えるフォルムが

見えます 大きさも一回り大きな機体に

Img_1975

なって ハインケルらしさの出た曲線です

同じ夜間戦闘機でも昼間戦闘機と爆撃機

からの転用でない純粋な夜戦との違いが

あるのに優遇されなかった 機体です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン その11

レベル・モノグラム 1/48 Bf110 G-4が

完成しました 1月から始めて2ヶ月かかり

ました 98年10月に買ったキットですから

10年チョッと経ってやっと日の目をみました。

Img_1952

かなり作り応えのあるキットでしたが、夜間戦闘機

コンのおかげでここまで もってくることが出来ました。

Img_1956

48の双発となると大きいですから 

筆塗りの迷彩は何回も塗り重ねて

なんとか自分で納得いけるようになりました。

Img_1959

Img_1985

排気管の汚しはローソクの煤を筆でそのまま

塗りつけています エナメルでの墨いれも

初めての経験でチョッとやってみました

Img_1991

Img_1999

Img_2010

最後は夜間出撃に向う前の整備という事で

夕方にライトの灯りを頼りに写真を撮りました

今回この企画していたおかげで完成を見ました

シミヤンさんにお礼申し上げます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン その10

レベル・モノグラム48 Bf110

小物を付けていきます 増槽は細い

アームで懸架していますが 取り付けが

タンクと主翼でピッタリ決めるのが大変

Img_8466

でした アンテナ支柱の横にある板は

空薬莢がプロペラ圏内に飛ばないように

付けられています

Img_8467

ピトー管は早速真鍮管とピアノ線で作りました

翼端灯はキットについていたもの そのままです

Img_8468

パイロットを乗せてキャノピーも付けて

もう少しの所まできました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン その9

R・M Bf110レーダーアンテナが残り

ました 機首への取り付けは ほんの

すこしの凹しかありません 

Img_8451

支柱側は何も無しで これでは接着強度が

ありませんので 0.3のピアノ線を入れること

にしましたが、ここに穴を開けるのも楽では

Img_8453

ありません 左の指にドリルが滑って

何回突いた事やら 横の壁に穴が開いたり

散々でした 

Img_8455

何とか取り付きました この機体のレーダー

アンテナは垂直ではなく45度傾いているので

 支柱から切り離して 傾けます

 最後に難関が待ってました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン その8

暖かい日の後 また寒さが戻り

体調管理には気をつけないといけません

今日は毎日放送ラジオウォークで平城宮から

佐紀古墳群を巡り佐保路を歩く イベントが

あったのですが雨と寒さに負けました。

レベル・モノグラム48 Bf110にかかりました。

Img_8445

主脚を早速取り付けてみます 側壁に

差し込む不思議な方法になってます

ブレーキパイプをエナメル線で

付けておきました タイヤは自重変形に

なっています

Img_8447  

排気管消焔ダンパーも付けて 機首下面

です アンテナ支柱の取り付けは、なにも

差込穴が無い いも付けなので、なんか

良い方法を考えないといけません。

黒のエナメルでの墨入れは 今回が

初めてで ドキドキしながらパネルラインに

流し込みました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン その7

Bf110の主脚が行方不明になって

三沢に行って 殆どさわっていなかった

のでまずアンテナの関係と、キャノピー

をかかり始めました キットのアンテナも

捨てがたく、どうしようかなとモデルアートを

開いたところ なんとそのページに主脚が挟まって

いました 思わずあったと叫びました さすがに

トルクリンクは外れて見つかりませんでしたが

プラ板で作りました これで気分的に楽になりました。

Img_8444

余談ですが

NFLスパーボウル 第四クオーターまで

接戦の見ごたえある試合でした

どちらのQBも的確なパスを出し 勝負が

最後までわからないので興奮しました。

いい試合でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン Bf110G-4 その6

Img_8180 一週間殆ど触らずに

やっとコードレターと

風防の下塗りが、できた

だけです PCを見ているだけで時間が経って

模型にふれることが出来ません。

Img_8183 この機体は写真がある

だけで G9-AH を

手書きしました 上下

の位置決めにテープをマスクしました

一応鉛筆でAHの幅と形を書きました

Img_8265 はみ出たとこは

塗りなおして

文字の幅を

修正します G9が文字も小さいし

丸みを帯びているので、難しい

Img_8266_2 です。

主脚がこれですが

なんと洗濯バサミから

パチンと飛ぶと 四次元空間にタイム

スリップしたのです狭い部屋を隅から

隅まで探したのに こんな大きな

部品が出てきません 

どこかから、顔を出してくれることを

祈って今日は諦めます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン Bf11G-4 その5

Img_8178 R&Mの48 Bf110

迷彩がしっくり

こなかったのを

皆さんのアドバイスで、下地のブルー

を薄めたのを 筆で周囲に乗せていきました

写真で見ると 幅が細くて唐草模様に

なるように見えるので つないでおきました

Img_8179 バルカンクロイツは

デカールを貼ってカッター

で輪郭をケガいて

マスキングして白を塗りましたが 

マスキング無しで書ける様にしないと

いけません 本来ならデカールを貼って

終わりになるのですが まだコードレター

に挑戦しなければいけません

| | コメント (11) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン Bf110Gー4 その4

Img_8124 R-M 1/48  Bf110G

今回塗装する機体の

写真を見ますと操縦席

前にアーマープレートが貼り付けてあります

取説にも 0.2のプラ板を貼るように指示されて

Img_8174 いるので、カレンダーの

ツルツルしたのを切り

出して貼ってあります。

Img_8175 いよいよ迷彩ですが

今一つしっくりとしません

境目がはっきりし過ぎて

Img_8176 るのと 密度が濃いので

ボヤットした感じになって

いないので なんかしないと

いけません

| | コメント (10) | トラックバック (0)

夜間戦闘機コン Bf110G-4 その3

Img_8115 レベル・モノグラム48の

Bf110 ラジエターの位置が

深いので前後を切断して

前に寄せました エッチングパーツと考えましたが

近所では手に入らないのでパーツを改造で済ませ

ます 脚収納部にフィットしないのでパテ盛りで

整形します ラジエターの側面も穴が開くので

Img_8118 排気管消焔ダンパーの

穴が詰まっているので

開口します

Img_8123 1mmドリルで穴あけ後

カッターでほじくって

丸ヤスリでさらえます

Img_8116 全面RML76 を塗ります

水性ホビーカラーの

RML65 から黄と白を

加えてモデルアートドイツ軍用機の塗装と

マーキングvol.2 夜間戦闘機のカラーチップ

Img_8119 に合わせました 左が

二回目の塗装です

マーキングをどうするか

迷っています レーダーアンテナはこれ以上

変わったものに出来ないので 限られてきます

垂直尾翼に撃墜マークが付きませんが

我慢しましょう (撃墜マークは手書きでは

絶対無理なので)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧