山の辺の道 ハイキング その3

Img_1300 もうすぐゴールの

石上(いそのかみ)

神宮に着きます

Img_1298 内山永久寺は

今は池が残るだけ

ですが芭蕉も

Img_1299 訪れています

平安時代に創建

されて明治の廃仏

毀釈で廃絶しました

柿畑の間をぬけて

来たところです

Img_1305 石上神宮に着き

ました珍しく尾長鶏

沢山迎えてくれ

ました 鳴き声は

よく聞いたのです

が 木の上から

Img_1308 も声が聞こえます

こんなに登る

ことが有るのです

Img_1314 なかなか凛々しい

姿をしているのが

雄です

Img_1323 肝心の本殿が

見えてませんが

楼門の後ろに

あります

この撮影場所

に 永久寺から

Img_1321 移築した

拝殿があり

ます 

Img_1333 最後は天理教

教会本部に

なります はっぴ

を着た人が大勢歩いておられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山の辺の道 ハイキング その2

Img_1329_2 今はちょうど

彼岸花が

咲き誇って

Img_1270 います そんな

中に赤唐が

映えています

Img_1279 この道すじは

柿がいっぱい

植わっています

まだ少し早いので実が青いのと

こんなショットになります

Img_1283            

ここを歩いて

行きます 天理

Img_1273 まで13Km

石仏も大切に

守られて

Img_1274 地域の信仰の

対象になって

いるのです

Img_1276 長岳寺から

石仏のある

道が続きます

Img_1285 いつも前を

通りすぎる

夜都伎神社

Img_1286 に参拝します

茅葺きの拝殿

が目をひきます

落ち着いた雰囲気が満ちています

| | コメント (7) | トラックバック (0)

山の辺の道 ハイキング その1

Img_1253 奈良山の辺の道

ハイキングに来ま

した  大神神社

(おおみわ)からスタートします

Img_1256 いつもイチゴと

柿の季節に

なるのですが

Img_1257 連休なので

足慣らしに

歩きます

初めはこんな

細い道です

途中に無人の

販売所が野菜、果物を並べて

Img_1260 置いてあります

100円で買っては

リュックに入れて

Img_1262 いきます 

連休という事も

あって 色んな

場所に店が

出ています

無論無人で

Img_1265 なりたって

いるのです

ついつい

Img_1271 買ってしまう

次は何を

売っているのか

Img_1269 それも楽しみです

道すじには記紀万葉

歌碑が点在して

Img_1263 しています

この歌を

一つ一つ

解読できれば

よいのですが

判らないこと

Img_1275_2 ばかりで

解説した本も

出ています

ここでちょうど中間くらいまで

来ました。

               

| | コメント (6) | トラックバック (0)

布引の滝から摩耶山

Img_0586 久々のいい天気に

ハイキングにでかけ

ます 阪急神戸三宮

から摩耶山まで新緑

の中を登ります

JR新神戸駅の下

Img_0592 から登山道になり

ますが、初めての

ことで戸惑います

ロープウェイもあり

ますが、緑のトンネル

を歩いて行くのは気持

のいいものです。すぐに布引の雌滝に出ます

そこから少し上がると雄滝が待っています

先日までの雨で迫力のある水量です。この上に

Img_0603 布引貯水池があります

明治に作られた貯水池で

石積みの堰堤はダムを

思わせます この辺りまでは比較的楽に

これたのですが、ここから天狗道をとったの

ですが、せっかく登ってもまた谷に下りて

登るというアップダウンに参りました。

Img_0605 3時間少しかかって

やっと山頂に着きました

そんなに高くないですが

歩きなれないのできつかった

です この先が掬星台展望台

で昼にします 眼下に神戸市内

Img_0612 を望むのですが、視界が悪く

葛城金剛までは見えません

帰りはもうバスに乗り阪急六甲

まで一気に下りました。摩耶山からロープウエイと

ケーブルカーがあるのですが、駅まで行かないので

バスにしました。かなり体力が落ちているのを

実感しました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ウォークフェスタin海南熊野古道

Img_6327 美原スポーツカーニバル

のハイキングに参加しました

橋本までバスできまして

Img_6324 地蔵峯寺までみかん畑の

そばを歩き始めます峠まで

登りが続きます トータル11km

Img_6329 の道のりが思いやられるとこ

ろです 藤白塔下王子後の

裏側に展望の開けたところ

があります コンビナート

ばかりですが、昔は風光

Img_6328 明媚なとこだったはずです

一番左に最終目的地の

マリーナシティが見えます

Img_6339 ここから下りで熊野古道を

歩きます これを登るのは

辛いものがあります

Img_6337 坂を降りきったとこに

有馬皇子の墓がありました

よく耳にしたことがありましたが

Img_6340 ここにお墓が有ったのは

驚きです ここからすぐに

藤白神社があります

やっと昼食になりここから

平坦な市街地をもくもくと

Img_6342 歩くのです 鈴木さんの

ルーツがこんな所にあります

JR海南の市街地をぬけると

Img_6348 趣のある民家があらわれます

漆器の町黒江は秀吉の根来

攻め以降根来塗りの職人が

ここに移り住み技法を伝えたといわれています

ここからマリーナシティの黒潮市場まですぐです

夕食のお土産を買って帰らなければいけません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

飛鳥の一日 その2

Img_1797 山田寺跡から歩いて近鉄

飛鳥駅まで見て廻るところが

色々あります まづ飛鳥坐神社

Img_1798 に この横を抜けて大伴夫人の

壌墳があり藤原鎌足誕生伝承地

も横にあります ここは初めて

Img_1800 来たとこでした それから西に

向うと飛鳥寺に着きます 日本の

原風景を感じさせます たんぼの

Img_1802 なかを歩いて風に吹かれていると

気持ちがおちつきます そんな気が

する所です 入鹿首塚から飛鳥寺を

Img_1804 望む1枚 自転車が楽ですけど二本の

足でテクテクといきます 折りたたみ

自転車もよく通ります、これは便利です

Img_1805 欽明天皇陵の堀を見ながら猿石のある

吉備姫王墓に来ました 昔からかわりません

から 安心してみれます 

Img_1807 何度見ても楽しそうな石造でこういう

踊りをしてたのでしょうか そんな思いが

巡ります この環境を将来まで伝えて

もらえる様に飛鳥のみなさんに

お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)